新着情報

News

素手?お箸?

お菓子を手(素手)で食べるという習慣は当たり前にありますが、皆さんもそうですよね。個包装になっているお菓子は手を汚さず食べる事が出来ます。

以前に、ピアニストの清塚信也さんのSNSにて話題になったのが、”ポテトチップスをお箸で食べる” というシーン。SNSでピアノを弾いているところを配信しながら合間にポテチを食べる。ご本人曰く、手が汚れるとピアノが弾けないのでお箸で食べている、というお話。

その映像を見て、ポテトチップスをお箸で食べる人が急増!?(いや、どちらが先なんでしょう… ブームが先なのか??そういう食べ方が少数ながら存在していたのか…)

そんなこんなで私も一度してみようと思いながら、そんなことをすっかり忘れていつも素手。しかしコロナのことも考えると、お箸で食べることに一理あり、ですね。素手で食べるとつい手をペロっとしてしまいますもんね…^^;

ひとつの予防対策かもしれません b(^-^)

 

元氣になれ通販部の新商品ご紹介②【前田クラッカー 選べる4箱セット】

●サクッとチーズクラッカー

ナチュラルチーズが10%入っている、サクッと食べるとナチュラルチーズのお味が広がる、サックサクのチーズクラッカーです。香料・着色料不使用。美味しいから止まらなくなりそうですが、そこは小袋入りだから大丈夫です!

ちなみにカルシウムが1袋3枚に45mg含まれています。カルシウムが摂れる美味しいおやつをご家族皆様でどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

●カラッとおから

国産大豆のおからで作った、おからのクラッカーです。国産素材にこだわり、カラダにやさしいお味に仕上げています。揚げてないけどカラッと揚げたかのような歯ごたえのクラッカーです。おからがしっかり使われているので、クラッカー3枚で食物繊維2.2gが摂れます。朝食の置き換えに、またしっかりめの間食にも良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

4種のクラッカーを、お好きな組み合わせで選べます。ぜひ一度お試し下さい。

元氣になれ通販部の新商品ご紹介①【前田クラッカー 選べる4箱セット】

元氣になれ通販部から、前田クラッカーさんの新商品4品を発売しました!2商品ずつ紹介致します。

●10種類の野菜クラッカー

10種類の野菜を練り込み素材の味をいかした味わい深いクラッカーです。10種類の野菜(たまねぎ、赤ピーマン、パセリ、ごぼう、じゃがいも、かぼちゃ、モロヘイヤ、トマト、ほうれん草、にんじん)が、やさしい味を作り出しています。香料・着色料は不使用。1袋5枚のクラッカーに、レタス半個分相当の食物繊維を配合。

 

 

 

 

 

 

 

 

●10種類の穀物クラッカー 十穀

10種類の穀物(小麦全粒粉、玄米、黒胡麻、きび、あわ、ひえ、キヌア、アマランサス、大豆、大麦)が、入っているクラッカーです。食物繊維はもちろんのこと、タンパク質の大豆、ミネラル・ビタミンのキヌア、玄米、黒ごま、カルシウムと鉄分のアマランサスなど、穀物パワーをギュッと閉じ込めた十穀です。

 

 

 

 

 

スナックのお話①

先月の「ビスケット」のお話に続き、今回からは「スナック」についてのお話を連載させて頂きます!

「スナック」の語源は、中世オランダ語のスナッケン(Snacken)と言われています。「いつでもどこでも食べられる」「食事の合間につまむもの」という意味だそうです。

スナックの素材は色々ですが、

①じゃがいも系 / 生ポテトを使用したもの(ポテトチップスなど)、成型ポテトを使用したもの(チップスターやプリングルスなど)

②コーン系 / コーンフライ(とんがりコーン・ポリンキーなど)、クランチ(スコーン・チートスなど)、コーンパフ(カールなど)、トルティアチップス(ドリトスなど)

③小麦系 / (かっぱえびせんなど)

④豆類系 / (さやえんどうなど)

と、大きく分類されます。

特にじゃがいも系のスナックが皆さん馴染みあるかと思います。その原料となるじゃがいもは、北海道産が年間使用量の75%を占めているそうです。

また、ポテトチップスの起源には諸説あるそうですが、一番有力な「クラム氏の確信犯説」をここではご紹介させて頂きます。

『1853年、アメリカ・ニューヨーク州の保養地、サラトガ・スプリングスにあるムーンレイクハウスホテルに、ジョージ・クラムというコックが勤めていた。ある客が「フレンチフライが厚すぎて好みに合わない」と注文を取り消したため、クラムは薄く切って出してみた。それも客は気に入らなかった。腹を立てたクラムは、ジャガイモを紙のように薄く切り、氷水でよく身が締まるように冷やしてから、フォークで刺せないほどバリバリに揚げて客を困らせようとした。ところがこれが美味しくて、他の客も競って注文するようになった。

このメニューは、サラトガチップスと名付けられ、包装されて市販されるようにもなった。最初はごく近所にだけ販売していたが、ニューイングランド地方全体にまで広まった。更にクラムはホテルを辞めて独立し、ポテトチップスを呼び物にしたレストランを開くことになる。』

へぇ~ 実は恥ずかしながら私も初めて知りました…。とても興味深い話ですね。

その後、日本では終戦後にアメリカ進駐軍向けに生産され始めました。

…ということで、はい!今回はここまで!!次回は日本におけるポテトチップスの歴史にも少し触れてみたいと思います。お楽しみに~

コロナ増加

先日大阪の1日のコロナ感染者が2万人を超えたとの事で
第7波がすごいスピードで広まってしまっています。

変わらず弊社では 感染対策として、
手洗いうがいを徹底、アルコール消毒を行い予防しております。

接待や飲み会もキャンセルが相次いでいます。

もう慣れてしまっている感じが怖いですが
皆さんも十分に気を付けてください。

おかし横丁ふじや 新商品のご案内

通販部 おかし横丁ふじやより、新商品のご案内!大人気おつまみ商品、井上食品さんのチーズ詰め合わせから、最も支持の高い「いぶりがっこチーズ」の単品販売が決定しました!

他の「サラミチーズ」「ペッパーオニオンチーズ」なども販売しておりますが、この「いぶりがっこチーズ」がダントツ人気。実際メーカーさんの方での出荷数を見ても「いぶりがっこ」は大変な人気なんだとか。

いぶりがっこというと居酒屋さんの人気メニュー。お酒好きな方であれば大好きなおつまみだと思いますが、たまにクリームチーズとあわせて出しているお店がありますよね。完全にあのイメージです!

是非とも晩酌のお供にお試しください!絶賛販売中です!

https://item.rakuten.co.jp/okashitonya-fujiyasan/iburigakko4/

七夕

7月7日は七夕です。笹を飾られてる店舗を見かけるようになりましたが、お願い事は書かれましたか?この笹飾り、それぞれに意味があるのはご存知だったでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

●吹き流し:機織りやお裁縫の上達を願う飾りです。かつての宮中儀式で、五色を作るときに出た紙くずを入れて飾ることも。

●網(あみ)飾り:漁業の網から生まれた飾りです。大漁を祈願しています。

●折鶴:家内安全や長寿を願う飾りです。千羽鶴にする場合もあります。

●巾着(きんちゃく):金運の上昇や貯蓄を願って飾ります。財布の場合もあります。

●紙衣(かみこ):折り紙で作った人形や着物の形のもののこと。裁縫の上達を願うほか、病気や災いの身代わりになってもらうという意味もあります。

●短冊:五色は、古代中国の「五行説」という自然哲学からきています。万物の全てを構成すると考えられた5つの元素に、それぞれ色を当てはめたものです。

火(炎)=赤

水=黒

木(植物)=青

金(鉱物)=白

土(大地)=黄

のちに、青は緑も含むようになり、黒は縁起が悪いとして高貴な色である紫が用いられるようになっています。

昔は高ければ高いほど星に願いが届くと考えられ、屋根の上まで高くかかげていたようです。

 

2年2ヶ月ぶり インバウンド復活 早くも奪い合い!?

コロナ禍の水際対策として停止していた海外からの観光客の受け入れ再開に向け、小規模なツアーが試験的に始まっています。政府は、6月10日から2年2ヶ月ぶりに観光目的の入国を再開する方針です。

お菓子もインバウンド需要のメインともいえる商材です。世界の人に日本の美味しいお菓子を知ってもらえるチャンスと捉え、我社もインバウンド市場に貢献するべく日々頑張っております!

とにもかくにもコロナが少し落ち着いてよかったですね。このままゆっくり終息へ・・・

ビスケットのお話③

今回で「ビスケット」のお話、最終話です。今回は思わず「へぇ~」と声が出てしまいそうなネタを一挙公開!!

①衛生ボーロは何で「衛生」?

小麦粉系の菓子に比べて着色していないから焼き上がりが現在のボーロより白くて衛生的に見えた。また、口どけも良く包装も缶入りで内側に白い紙が貼ってある。これらの要素から、極めて「衛生的」な印象がある菓子で「衛生ボーロ」と言われるようになったという。

②これは有名ですが、森永製菓様の「マリー」とはフランスのルイ14世王妃「マリー・アントワネット」が宮廷でビスケットを作らせた話が残っていて、それにちなんだもの。

③「たべっこどうぶつ」で馴染みのあるギンビス様、昭和5年には資本金60円でカステラ製造会社を設立していたそうです。

④昭和5年 橋谷義孝博士が「酵母」の栄養効果を発表、これを受けてグリコの江崎利一は酵母を菓子に取り入れることを思いつき、サンドビスケットのクリームに酵母を入れることにした。酵母菓子「ビスコ」の誕生である。

⑤「ラングリー」で有名なイトウ製菓様。「ミスターイトウ」のいわれは、外国の最新技術をいち早く導入しようとした創業者の伊藤が外国に技術を学びに行き、現地で氏が「ミスターイトウ」という愛称で呼ばれていたことからイトウ製菓のブランド名になった。

⑥「源氏パイ」 昭和40年頃、NHK大河ドラマ「源義経」人気にあやかり、洋風パイにあえて和風のネーミングを採用、ハートのパイの形がかぶら矢に似ているところから源氏パイとした。

⑦「オレオ」 初代社長のアドルファス・グリーンがギリシャ語で「山」を意味する OROS から造語したという説と、最初のパッケージで商品名が金色でデザインされていたので、フランス語の「黄金」の意味である OR に由来説が伝えられている。

などなど、知れば知るほど面白い豆知識。いかがでしたでしょうか?次回はどのカテゴリーに踏み込んでいきましょうか…お楽しみに!!

 

 

商品ロスを無くそう!

賞味期限というのは、その日が過ぎると食べられないというのではなく、美味しく食べられる日にちの目安になっています。

しかし、賞味期限切れの商品は販売出来ないので色々な方法で商品を無駄にしないように工夫されています。スーパーだけでなく、コンビニでも賞味期限切れが近い商品は値引をして販売されています。

また、地方の直売所は野菜の売れ残りの商品を鮮度が落ちないうちにその日に売り切るため電車で人の多く集まる駅へ運んで販売しています。駅で新鮮な野菜が買えるのは、消費者にとってもうれしいことです。

食品を扱う企業にとっては、色々な工夫をして出来る限り食べ物を捨てる事のないようにしてもらいたいですね。